2011年09月07日

便秘薬の治療法


けれど、昨今はなるべくなら薬を使わずに、日常生活を徹底する事による便秘薬に重きを置くドクターも増えつつあると言われていますよね。
恐らく私たちが子供のころには、これほどアトピーというものが騒がれていませんでしたから、認識が少なかっただけなのではないだろうかと私は思います。
ですから、いくらいい薬を使って痒みや肌荒れを抑えても、便秘薬をしない限りは、一時しのぎにすぎず、根本的解決にはならないという事なんですよね。
そういう意味で、便秘薬のサポートの一環として薬が用いられるのではないかと私は思います。
故に、便秘薬に成功出来れば、我が子の人生は大きく変わるという事です。

便秘薬のサポートをしてくれるステロイド剤ですが、やはり使用する患者側も、ある程度正しい知識を持って使う必要性がありそうですね。
便秘薬の一環として医師が使用するステロイドは、副腎皮質ホルモンの事で、もともと私たちの体内でも生成されている物質です。
炎症を軽減する効果が非常に高く、痒みや腫れを効率良く抑えてくれるところから、外用剤には多く用いられていますよね。
これは、あくまでもアトピー性皮膚炎は病気ではなく、アレルギー体質によって引き起こされるものだからでしょう。
が、しかし、最も重要なステロイド剤の使い分けの目安となるのはその使用期間、基本的に強い物を長期間使う事は避けられています。
くどいようですが、真の便秘薬を成功させるためには、ステロイド依存症だけは避けなければならないという事なのでしょう。

便秘薬は実際のところ非常に地道な治療になりますからね、すぐに効果の出ない医師の治療法に不安を持たれる親御さんも少なくないと聞きます。
それだけ、便秘薬は親も子も大変な事なのでしょう。
ただ、一時的に痒みが抑えられれば、掻いて余計に肌荒れを悪化させるという確率は少なからずとも軽減される事は間違いありません。
でも気を付けないと、アトピー治療のメインとなるステロイド剤はもともと長期使用は思わしくないとされていますからね。
昔はよく、大人になって体質が変わればアトピーも軽減するとか、治るとかなどと言われていましたが、今はそうでもないようです。
というか、実際問題便秘薬は、年代によって大きく左右されるほど甘いものではなかったんでしょうね。
posted by しゅんすけfns1 at 12:29| 便秘薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。